家にあっても邪魔にならないもの

断捨離しながらも

数年前から、「断捨離」という言葉が日常用語として定着してきました。
大晦日の時期が近づくと、ここぞとばかりに不要品を処分したりと、「今回はだいぶ断捨離したよ~」という会話も聞かれることがあります。

気がつくと家の中には物が溢れ、それを知りつつもまた買ってしまう・・・。
そんなループを繰り返していると、どうも身体も心も滞ってしまう。
そんなときに断捨離をすると、すっきりしてまた快適に過ごせる。

最近ではそれを更に進めて、そもそものモノをもたないミニマリストという方も増えているそうですね。
極力無駄なモノは持たない、シェアできるモノはシェアをして、自分は身軽でいるという。
私自身もそのような生活に憧れもあり、もう一層のこと・・・などと思ったりしますが、仕事に関する捨てられない資料が多くありますので、そこまではできない、これもまた現実であります。

お土産物はどうしたら

旅に出ると、やはりそこに行ったという何か想い出の品を持ちたいものです。
旅の記憶というのか、旅の記念というのか、自分の足跡のようなもの。

しかしこういった旅のお土産物は、数年経つと意外と要らなくなってたりします。
そうなるとちょっと処分に困ってしまうような、そんな気まずい雰囲気があったりもします。

そんな方にもおすすめの、実用的、かつ邪魔にならない、おすすめの箱根のお土産。

箱根・寄木細工のコースター

箱根・無垢の寄木細工コースター

寄木細工にもいくつか種類がありますが、なんといっても無垢の削り出しは高級感があります。

一つくらいはほしいなと思いつつ、無垢の寄木細工は少し値段が高いものが多いです。

そこでおすすめなのが、無垢の寄木細工のコースターです。

このように、とても素敵な柄のコースターを見つけました。

無垢の箱根寄木細工コースター(C)箱根・孫三総本家・花詩ブログ 無垢の箱根寄木細工コースター(C)箱根・孫三総本家・花詩ブログ 無垢の箱根寄木細工コースター(C)箱根・孫三総本家・花詩ブログ

天然の木の素材を使っていますので、同じデザインでも見た目がこれだけ違います。

箱根・寄木細工のコースターを使ってみる

それでは、早速使ってみます、箱根の寄木細工で作ったコースター。

無垢の箱根寄木細工コースター(C)箱根・孫三総本家・花詩ブログ

無垢の箱根寄木細工コースター(C)箱根・孫三総本家・花詩ブログ

無垢の箱根寄木細工コースター(C)箱根・孫三総本家・花詩ブログ

いかがでしょう?

とてもきれいで、品が良くて引き立ちますよね。

こんなコースターと使って一休みすると、また心が回復していきますね。
お客様がいらしたときのおもてなしにも良いと思いませんか?

これならかさばらないし、持っていても場所を取りません。
その上、使うと気分が楽しくなります。
箱根のお土産として、箱根名物の寄木細工のコースターはいかがでしょうか?

宮ノ下で箱根のお土産をお探しの方は

今回の撮影のために寄木細工のコースターを購入したお店は、宮ノ下にある山田屋物産店です。
箱根名物の寄木細工をはじめ、骨董なども扱っている宮ノ下の老舗お土産店です。
宮ノ下を散策したときにはぜひ足をお運びください。

山田屋物産店

 

 

孫三総本家・花詩本店

住所
〒250-0402
神奈川県足柄下郡箱根町木賀934

電話とファックス
tel. 0460-82-2465
fax.0460-82-2466

投稿者プロフィール

孫三総本家・花詩 Japanese Sweets Magosan
孫三総本家・花詩 Japanese Sweets Magosan箱根のお土産・銘菓・命水の菓匠